疲れた1日をリセットしよう!5分でできる自分時間の作り方3選♪

寝ても疲れが取れない、休日もあっという間に終わっちゃう…あなたは心身ともに疲れていませんか?
いくら仕事や家事をこなせていても、疲れがとれていなかったら健康的とは言えませんよね。

日々、目の前のことにいっぱいになっていると、仕事や家事の効率も悪くなるし、趣味の時間や楽しいお出かけのエネルギーもなくなっていきます……!

この記事では、毎日がんばる女性が簡単にできちゃう、疲れた1日のリセット法を紹介します!
まずはできそうなものから取り組んでみてくださいね★

簡単リセット法①「飲む瞑想」で心と身体を温める♡

みなさんは「マインドフルネス」をご存知でしょうか?
「瞑想」というイメージが強く、20~30分じっとしていなきゃいけない、と思っている人もいるでしょう。


実は、マインドフルネスには日常的に簡単に取り組めるものもあるのです!それが「飲む瞑想」。
この飲む瞑想は、疲れを取り、不安やイライラを減らす効果が期待されています。また、睡眠の質を高めると言われているので、毎日をがんばる女性にぴったり!

ハーブティー

「飲む瞑想」の道具とやり方

用意するもの
ハーブティー(苦手な人は白湯やノンカフェインの飲み物)

やり方
「飲む瞑想」では五感を意識することが大切

  1. マグカップをもって温かさを感じる
  2. 深呼吸をして香りを楽しむ
  3. 一口飲んで、口の中の感覚を意識する
  4. 身体のなかを飲み物が通り、身体が温まるのを感じる

飲む瞑想はこれだけです!全部飲みきらなくても、1口目だけ意識しても大丈夫香りのあるものだと効果は増しますが、苦手な人は香りなしでもOKです。

気持ちのリセットにもなるので、朝や日中などはコーヒー・紅茶でやってみるのもありですよ!

簡単リセット法②「軽い運動やマッサージ」で血行改善♡

疲れをとるためには睡眠が大事!睡眠の質をあげる方法は様々ですが、血行をよくすることもポイントの一つです。

ただし、タイミングは重要なので下にまとめてみました!

寝る3時間くらい前:ウォーキングやトレーニングなどのちょっと疲れる運動

寝る30分~1時間前:マッサージやヨガ、ストレッチ
まずは、なるべく続けられるものからがいいかも?ヨガなどは、YouTubeで3~5分用のものを作っている人もいるので、一人で考えるよりもチャレンジしやすいですよ!

簡単リセット法③「デジタルデトックス」で心を落ち着かせる

タブレットを見ている女性

ついスマホやタブレット端末を触っていませんか?便利だし、暇つぶしにも最適ですよね。しかし、実はスマホを触り続けていると、目の疲労だけではなく、脳も疲れてしまいます。

スマホの代わりにおすすめなのは、読書・ジャーナリング・音楽を聴く。

読書は絵本や漫画、好きな写真集など、気楽に読めるものがいいでしょう。
ジャーナリングは頭に浮かんだことをそのまま書く方法。実はこれもマインドフルネスの一つ。
音楽は特にゆったりとしたものや、ヒーリング効果のある自然音などがおすすめです!

1日5分でも意識的にスマホから離れ、目や脳の疲れを取りましょう。

まとめ:まずは1分からでも「自分のために」やってみよう♪

瞑想する女性

いかがでしたか?
「趣味や自分の時間なんてとれない!」という女性の多くは、日々の小さな自分時間も取れていないことが多いです。

今回紹介したこちらの3つはどれも簡単にできます!

  1. 飲む瞑想
  2. 軽い運動やマッサージ
  3. デジタルデトックス

私たち女性は、日々忙しく過ごす中で、自分のためだけに時間を割くことはなかなか難しいですよね。
1日数十分や数時間とることができず、0分になるなら、数分でも続けることが大切。

1日5分から「自分の疲れをとる時間」を過ごし、自分純度を高めましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆるっと生きるフリーランスの臨床心理士。多くの女性に“心と身体を大切にする”ライフスタイルや働き方を広めるため、日々発信中♡